運動後のストレッチの重要性

運動不足を解消すべくジムに通い始めて半年。以前は体調の悪い日が多く日常生活にも支障をきたすこともあったが、最近は些細な体調不良もかなり少なくなった。頻度は高くなくとも定期的に動くことが体にはいいらしい、と当たり前なことを日々実感している。

 

ジムでのお決まりのパターンは、

  1. ウォーミングアップとして有酸素運動マシンで10分程度体を動かす
  2. 軽めのストレッチ(動的ストレッチというもの。運動前にゆっくり伸ばして静止するような静的ストレッチはよくないと最近では言われているらしいので。)
  3. 筋トレマシンで筋トレ
  4. 有酸素運動マシンまたはスタジオレッスン(時間があって調子が良ければ両方)
  5. ストレッチ(静的ストレッチ)

といった感じ。3と4は前後することもあるし、1と2は省略していきなりスタジオレッスンに参加してしまうこともあるけど、5は毎回欠かさずやっていた。

 

が、先日、わりと遅めの時間になってしまったこともあり、早く帰らないと…などと考えていたら、スタジオレッスン後にストレッチするのを忘れてしまった。そのことに気付いたのは帰宅後1時間半ほど経ってから。足の筋肉が張って痛みが生じていた。普段はそんなことないので、改めて運動後のストレッチの効果に気付いた。次からは急いでいても忘れないようにしよう。